不動産投資に失敗しないためには|計画を練るのがミソ

ノーコストで行える魅力

家賃債務保証の契約の締結はオーナーにとってはノーコストであり、滞納があっても家賃を立て替えてもらうことができます。入居者は連帯保証人が不要になりますが、保証料を払う必要が生じるため、入居者層が変化することになるでしょう。

資金計画が最も重要

積み木

修繕を見越す必要性

不動産投資は比較的収入が安定しやすくて利回りも高いことから失敗のリスクが低い投資方法という特徴があります。しかし、ただ待っていれば資産が増えていくというわけではなく、不動産管理を行いながら賃貸経営を円滑に行っていかなければなりません。優れた不動産を手に入れることができたにもかかわらず不動産投資に失敗してしまう人もいますが、その大きな原因となっているのが資金計画が不十分であることです。不動産投資に失敗しないための原則は資金計画を入念に行うことであり、その視点を欠いていると破産や収入の低下を招いてしまうことになります。ローンを組んで行う数十年という単位の長期的な投資になるため、その間は不動産を賃貸経営ができる状態で維持し続けなければなりません。管理の必要性を念頭に置いて、不動産投資を始めた時点から計画的に資金を確保していくのが大切です。最も大きな出費となるのが大規模修繕であり、十数年に一度は行わなければならないでしょう。いつがその時期かを把握するために建築家などの専門家に診断を受けておき、その時期に合わせて十分な予算があるように積み立てを行っておくのが無難です。また、それに加えてもう少し予算を用意しておくようにすると空室が目立ってきてしまったときに設備投資などを行って入居者を増やす対策が立てられます。不動産投資によって得られた利益の一部は必ず積み立てに回しておくと失敗のリスクが低くなるでしょう。

マンションの経営方法とは

集合住宅

マンション経営を上手に行うためには、まずどのような購入をするのかがポイントになります。家賃利回りが高い立地を選ぶことで上手に運用することができます。また短期売却か長期保有かによって、新築か中古のどちらを購入するかを決めることができます。

適正家賃で空室リスク回避

住宅模型

不動産投資を目的としてマンションを購入する際には、家賃相場と空室リスクについて把握することが必要です。賃貸市場には家賃相場が存在するため、利回りを重視した高い家賃で入居者を募集すると空室リスクも高まるのです。不動産投資会社のサポートを受けることにより、賃貸相場も含めた最適な投資プランが得られます。